横浜を中心に活動するビジネスマンのための、会員制異業種交流会 BNIシリウス。毎週行う定例会でお互いのビジネスの理解と信頼関係を深め、協力関係を築いてお互いの人脈をつなぎ合う、具体的なビジネスの拡大を図る異業種交流会です。

New

最新のお知らせ


2018年9月6日 : 第300回定例会〈9/6〉


横浜の異業種交流会BNIシリウス
発足から6年を超えて、本日300回目の定例会を迎えました。
記念すべき本日の定例会は3名のお客様をお迎えして29名で開催されました。

今回のメインプレゼンテーターは、
現在、プレジデントとしてシリウスチャプターを引っ張る
社会保険労務士 坂口経営労務事務所 坂口 慎一さんです。

「銀行勤めの経験が今の自分を作っている」と
いつも笑顔でお話される坂口さん。
現在は独立された当時から3倍以上の規模に事務所を拡大。
物腰の柔らかさとは裏腹に一本筋が通って頼りになるので
取引継続率が95%というのもうなずけます。

会社の社員採用時、適性診断面接の立ち会い、
入社時の社会保険・雇用保険や育児休業手続き、
適正な労働時間管理のサポート等、
会社が社会的に円滑に活躍できるお手伝いをされ、
時には社労士の義務の枠を超えて寄りそう事もあるそうです。

中小企業の問題の「人」の問題を解決されたいなら是非坂口さんへご相談ください。

>>プロフィールはこちら
2018年8月30日 : 第299回定例会〈8/30〉


横浜の異業種交流会BNIシリウス
第299回の定例会はお客様をおふたりお迎えして29名で開催されました。

今回のメインプレゼンテーターは、
広告デザインカテゴリー
株式会社シーリンク 内海 理恵さんでした。

デザインだけでなく、
自ら足場にも登って取りつけ作業も行う内海さん。
様々な現場経験を重ねてきた事で
ただ仕事を引き受けるだけでなく、
施工する職人目線から現場を考えた提案も行うこともあるとの事。

シーリンクさんの作品は
街中のお店・施設・道路・電車・スタジアムまで幅広くあり、
私達は知らずして目にしているか
もしれません。
今回のプレゼンテーションでは
実際に交通標識に使われている特殊な反射機構を持つシールを
面白い形で見せてくれました。

小さなシールから大きな看板まで、
広告のご相談はシーリンクさんまでどうぞ!

>>プロフィールはこちら
2018年8月23日 : 第298回定例会〈8/23〉


横浜の異業種交流会BNIシリウス
台風の影響でお休みを挟んだ第298回の定例会は
お客様をおふたりお迎えして29名で開催されました。

今回のメインプレゼンテーターは、
遺品整理・処分(不要品処分)カテゴリーの
横浜ベスト遺品整理社 豊田 諒さんでした。

遺品、不用品から最近話題のごみ屋敷まで、
片づけはなんでも任せてください!と豊田さん。
遺品整理業界のニーズは高まる傾向にありますが、
心理的にデリケートな分野でもあるので常日頃の発信は気を付けているとの事。

社内では現場活動以外に
前職のOA機器販売の経験や自身の趣味を活かし
ホームページやブログ発信などメディア戦略も担当されているそうです。
WEB分野でも強い遺品整理社は少ないかもしれません。

パソコンの処分なども含め片づけの事なら
横浜ベスト整理社の豊田さんに相談してみてはいかがでしょうか?

>>プロフィールはこちら
2018年8月2日 : 第297回定例会〈8/2〉


横浜の異業種交流会BNIシリウス
第297回の定例会は3名のお客様をお迎えして30名で開催されました。

今回のメインプレゼンテーターは、
損害保険カテゴリー
株式会社 ワイズラボの 豊 純光(ゆたか じゅんこう)さん。

一般的な損害保険はもともと保険会社で設定したプランを
お客様に販売する「保険会社主体」の販売方法でした。
そこに異を唱える豊さんは
お客様のニーズに合わせてプランを設定する
「お客様主体」の購買代理店
を目指しています。

また、独立して2年、
昨年は横浜型地域貢献企業としてCSR認定を受けました。
地域活動に参加するなどの地域貢献、
お客様主体のご提案で安心をコンサルティング、
ペット連れ出社OKなど、従業員の働きやすさ
も考えられるのは
システム開発から花屋さん、アート教室運営と
豊さんの多彩な職業経験によるものかもしれません。

保険の相談や見直しに限らず
豊さんの様々な経験談を聞きに事務所を訪ねてみては?
美味しいコーヒーと愛嬌たっぷりなトイプードルのアンちゃんが
アナタをお出迎えしてくれます。

>>プロフィールはこちら

2018年7月26日 : 第296回定例会〈7/26〉


横浜の異業種交流会BNIシリウス
台風が近づく中、第296回の定例会は28名で開催されました。

今回のメインプレゼンテーターは、
弁護士 ist総合法律事務所の 齋藤 大(まさる)さんでした。

たくさんの事を同時進行するのが得意だという齋藤さん。
仕事なら民事・家事・刑事事件を年間で百以上、
常に数十件の案件に携わって
いるそうです。
さらに趣味も幅広く、その一つ一つが素人レベルではなく
自宅のルーフバルコニーの家庭菜園も釣りも
それらの収穫物で作る料理も素晴らしく写真で紹介してくれました。

また、弁護士と言うとお固い、遠い存在と思われがちですが
近い存在と感じてもらえるようになりたい、と
破格の契約料で顧問弁護士を引き受けているそう。

メンバー達からは「他の弁護士が匙を投げた案件を解決してもらった」など
頼りになる声もたくさん聞こえてきました。

事件やトラブルを解決させたい、そんな時は
魚も案件も素早くうまくさばけるスーパー弁護士齋藤さんにお任せを!

>>プロフィールはこちら

 定例会に参加してみませんか。

 BNI シリウスチャプターでは、定例会への体験参加を
 随時募集しています。